FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
茅乃舎
2010 / 10 / 10 ( Sun )
両親と久山の茅乃舎でランチしてきました。

ナビに電話番号入れて目的地設定。
どんどんどんどん道は田舎道になり
「目的地周辺です。案内を終了します」
ってナビは言うのに明らかにその辺りには無い。
通りすがりの方に聞いたら
「もっと上ですよ」

神社を抜けてさらに山道を上がった
本当に人里はなれた静なところにありました^^
DSC_0303
P1030841

周りもお庭も自然と調和しつつ綺麗に整備
P1030851
P1030840
P1030843
P1030839

P1030837
DSC_0272
入って直ぐ受付前のお野菜に目がいきます。

スタッフの方の案内でお席へ。
P1030831
DSC_0279
DSC_0277


天井が高く、写真ではわからないけれど茅の屋根が見えます。
P1030833

お願いしたのは種コース3500円
スタッフの方のお話を聞きながら
お席のお献立からメインと最後のご飯とお汁をチョイスして
コーススタート。

先ずは前菜 五種盛り
DSC_0273

薬味3種がテーブルに。
DSC_0274
ゆず胡椒とお塩と生七味。
これはこれからのお料理にアクセントとしてお好みでとのこと。

大地の恵スープ
DSC_0276
根菜をじっくり煮込んだスープ。
野菜の甘みが引き出されてて
アクセントでカリカリとした歯ごたえも。
これに生七味を途中で入れると2度美味しい。

テーブルにはメインのお鍋の準備。
DSC_0280

お鍋が煮えるまで大根餅 きのこ餡かけ
DSC_0281

長野おばあちゃんの逸品。
長野おばあちゃんとは茅乃舎で料理教室をされている方だそうで
そのレシピをお店で再現してコースの中で出しているんだそう。
今月は大豆の佃煮。
DSC_0286

メイン前のお口直しのいちじく酢。
DSC_0287

メインは3人でしたので
十穀鍋2人※2人からの注文
鱸ときのこの包み焼き1人
にしました。

先ほどのお鍋は十穀鍋
いい感じにお野菜が煮えてきたところへ
DSC_0289
豚肉と水菜をしゃぶしゃぶ。
DSC_0292

このお鍋のお出汁が美味しくて美味しくて美味しくて!!!!!
濃くも無く、薄くも無く、絶妙な加減。
思わず「これは売ってないんですか!?」と聞いたのだけど
売ってないそう・・・TT
最後の1滴まで飲み干してしまいました

もう一品の鱸ときのこの包み焼き
DSC_0294
鱸にしっかりと下味が付いていて
それときのことお野菜を一緒にいただきます。

ご飯は白米を選択。
1テーブルごとに土鍋で炊いていて
お米もその日に精米しているんだそう。
DSC_0296
最初はスタッフの方がよそってくださいます。
残りはセルフ。
もうお腹一杯なんだけどついつい残りをおかわり。
底にはおこげがあり、おこげ大好きな母親は一生懸命しゃもじでこそいでました。

DSC_0295
お漬物ととりみそ。

お汁は味噌汁と納豆汁が選べたので納豆汁
DSC_0298
全然納豆の臭みがありません。

お料理と一緒に頂くお茶も香ばしくてお料理を邪魔しなくて
とっても美味しかったです。

最後にデザート
DSC_0300
さつまいものアイスクリームと
りんごのコンポート。
デザートは煎茶と一緒に。この煎茶も美味しかった~

両親も私が今まで案内したお店の中で一番美味しいと大絶賛。
スタッフの方も本当に気持ちよい接客をしてくださるので
ゆっくりと美味しいお時間を過ごせました。

月ごとにお献立が変わるので
是非また違う季節に行って見たいなぁと思います。
スポンサーサイト
14 : 45 : 57 | 福岡 | コメント(1) | page top↑
<<灯明ウォッチング | ホーム | 2010.9 ソウルその1>>
コメント
--LOVE 生七味--

私はあそこの生七味だけでご飯が2杯はいけますv-344

もう少し秋が深まった時とホタルの時期の夕食も良いですよ~冬の夜のあの道は怖いですv-404
by: う~にゃん * 2010/10/11 21:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。